日ろぐ:体外受精→妊婦生活中

2017年から矢内原ウィメンズクリニックで不妊治療を開始し同年に顕微授精で子供を授かりました。今は妊婦生活を送ってます。

採卵後の受精結果!受精卵の確認をしてきた!

採卵の翌日、仕事に行く前に受精卵の確認をしてきました。やっぱり受精するかどうかもすごく不安で、どっきどきでした。

 

朝一で矢内原ウィメンズクリニックへ!受精結果の確認

この日は9時に病院へ。朝一に受精結果を確認してその後、仕事に行く予定だ。

もちろん早く結果が知りたかったので、朝一にしたというのもあるが・・・。

 

矢内原ウィメンズクリニックは、働きながら通っている人が多いのか平日は朝一と夕方が一番混み合ってる気がする。でもテキパキ診てくれるので何時間も待つ・・・ということはない。

 

この日も朝からたくさん人がいた。それを見ると、不妊と戦ってるのは自分一人じゃないんだな、という安心感がある。 

受付をして、受付札をもらって待合室で待ってると、すぐに診察室のまえで待機するように指示が出る。

 

診察室の前の椅子に座って待っているとすぐに呼ばれた。私は院長に診てもらってるので、今回ももちろん院長の部屋に呼ばれる。

 

完全に受精できたのは採卵できた卵子の半分である10個

結果として、完全に受精したのは採卵できた20個の卵子のうち、半分の10個だった。なんとか受精した、ということでまた一つ課題をクリアしほっと胸を撫で下ろす。

もちろん、全部顕微授精。旦那の精子状況は良くもなっていなかったが、悪くもなっていなかった。悪くなって無くて良かったと思う次第。

 

とはいえ、これで一安心とはいかない。私達は5日胚移植を希望したので、ここから5日間、培養期間に入る。

うまく育ってくれることを祈るばかり。

 

不妊治療は、一つの課題をクリアすると次の課題が出てきて心休まるときがない。そうやって心と体、お金と時間を削って削ってみんな頑張ってる。

不妊治療をしてる女性は、偉大です。