日ろぐ

2017年から矢内原ウィメンズクリニックで不妊治療を開始し同年に顕微授精で子供を授かりました。今は一人目育児に奮闘中!

妊娠中の睡眠問題。眠りが浅くなる妊娠中期以降は慢性的に睡眠不足。。

妊娠中期に入ってから眠りの浅さは感じていたけど、7ヶ月に入り4時間くらいで目が覚めるようになりました。毎日12時位に寝ると朝の4時に目が覚め、まさかの二度寝不能…!こんな睡眠問題でも仕事は待ってくれない・・・。働くプレママは頑張ってるんだよ、という話です。

 

眠りの浅くなり始めた妊娠中期

妊娠中期になり、睡眠が浅くなってきた。寝ることが好きな私にとって、つわりより辛いことの一つ。

私の母親はつわりが酷い人だったんだけど、私はそこまで酷くなく、しかも妊娠初期は在宅勤務だったので、割とゆとりあるマタニティライフを過ごしていたと思う。

 

ところがどっこい。安定期と言われる妊娠中期に入って、再び出社するようになり入眠自体はすぐできるものの、眠りが浅いらしくちょっとしたことで目が覚めるようになっていた。例えば、猫が布団に入ってきたり、雨風の音がうるさかったり・・・。そんな些細なことで目が覚めてしまうようになってしまったのだ。

 ここで妊娠中期の睡眠生活を記録。

妊娠5ヶ月。何の変化もなく普通の生活

つわりが終わる時期。特別なにかが辛いとかはなかった。

妊娠してるの忘れるくらい普通の生活を送っていた。もちろん妊娠してることを忘れているからといってお酒とかは飲んでない。

毎日快眠。

妊娠6ヶ月。お腹が苦しくて寝返りで目が覚める

お腹がぽっこりし始めると、お腹が苦しくて寝返りを打つたび目が覚めるように。最初は、戸惑ったが余裕ですぐ寝付けたので、ちょっと辛いけど我慢できた。

当時は、お腹の膨らみで赤ちゃんがここにいるんだ~という嬉しさのほうが上回っていたので多少の睡眠不足は気にならなかったのである。但し、確実に夜更かしはできなくなっていた。毎日、遅くても12時には寝る毎日。

いや、夜更かしできなくなったのは、もしかしたら老いなのかもしれないが・・・。

妊娠7ヶ月。二度寝出来ない…!毎朝4時に目が覚める

全く二度寝できなくて、4時〜6時位までは布団の中でウダウダしている日々。6時くらいに少し寝付けるが、すぐに無常のアラームがなるので寝た気せず。

仕事があるので頑張って起きるけど、とにかく眠い眠い・・・。行き帰りの電車で本気寝をしてしまうことも多々あった。早ければ22時には寝るくらい早寝早起き。

お腹はより一層苦しくなってきた。

起きてしまうのは、授乳のために体を慣らしているらしい

こんな感じで妊娠中に眠りが浅くなったり起きたりしてしまうのは授乳に備えて体が練習をしているらしい。人間ってすごい。

いきなり3時間おきの授乳生活になったら、それこそ発狂してしまうだろう。

眠りが浅くなる時期は個人差があるのかもしれないが、多分私のような寝坊助は早めに慣らさないといけない、と体のほうが気づいて早めに眠りが浅くなっているのかもしれない。

それくらい、今まで睡眠で悩んだことがない人間だったのだ。 

働くプレママは頑張ってる

妊婦さんで働くって大変なんだなって思った。もちろん、それを言い訳にしていいとは思わないけど、経験してみて初めて分かる体の変化。

妊婦様になってはいけないけど、赤ちゃんを育てながら働いているプレママ達を同じプレママとして尊敬します。

大変なこともあるけど、頑張ろう!