日ろぐ

2017年から矢内原ウィメンズクリニックで不妊治療を開始し同年に顕微授精で子供を授かりました。今は一人目育児に奮闘中!

産後の抜け毛と髪型問題は重めセミロングが正解。

産後の髪型について悩みまくった妊娠中。ヘアドネーションしようと伸ばしまくってたから、どのタイミングで切るべきか悩んでいました。

結局、産後二ヶ月目でセミロングくらいにしたのですが、その後とにかく抜け毛がすごい!ロングのままだったら、さぞ悲惨だったろうと思うくらいに抜けた。

そして抜けるということは、いずれ生える。この生えかけの時期に私は判断ミスをして髪を切ってしまい、困ったことに。

 

ということで、私の結論は産後の髪型はワンレンで重めのセミロングが正解だと思いました!という話。

 

産後のロングヘアは乾かすのが大変

言わずもがなって感じだけどロングヘアは乾かすのが大変。少しでも早く乾かせるよう風量が多く、汗対策の冷風も同時に出るドライヤーに変えてみたりもしたけど、乾かないものは乾かない!私は毛量もあるので、なおさら乾かすのが大変だった。

一方でロングヘアの楽なところは結んでごまかせるところ。髪の毛を全部束ねてお団子にすれば授乳中も髪が落ちてくることもないので、そこは楽ちんだった。

 

ヘアドネーションをするために髪型をセミロングへ

ただ前述の通り髪の毛乾かす煩わしさがあり、産後2ヶ月でセミロングにした。因みに髪の毛は、つな髪プロジェクトに寄付した。

 

 

つな髪プロジェクトは、15センチ以上で髪を寄付できるので割と気軽に寄付ができる。

 

さて、セミロングにした髪の毛は以前より早く乾き、かつ結べるので出かけるときの準備にも時間をとらない最高のヘアスタイルだった。

髪を切って一ヶ月ほど経った頃、ついに産後の抜け毛が始まってしまった。抜け毛の量は凄まじく掃除機をかけてもかけても常にカーペットのあちらこちらに髪の毛が落ちてるし、割と大きめの風呂の排水口は3日で水が流れなくなるくらいには抜けまくっていた。貞子と同居してるのかと思うくらい抜けた。

 

前髪の生え際が後退した気がしたけど、まぁそれは気にしてなかった。というか、はじめての育児でそんなこと気にする余裕なし。

 

抜け毛自体は一ヶ月位は続いて気づいたら収まっていた。そんなもんなのかな。産後の抜け毛。

 

それから暫くして息子が生後六ヶ月くらいになったとき、やたらアホ毛がすごいなぁ〜と思う時期に差し掛かった。

 

この頃、抜けた毛が再び生え始めていたのだ。春の訪れ。

私は前髪を作っておらずワンレンだったのでアホ毛が目立つ目立つ。。普通に生活する分には問題ない。ただ、間もなくハーフバースデーの写真撮影。この頭で撮りたくないなぁ、と思い私は20年ぶりに前髪を作る決意をした。

 

思えばこれが間違いだった。

 

髪の毛の乾かしやすさvsセットのしやすさ

行きつけの美容室、いつも指名してる美容師さんに、産後の抜け毛とアホ毛の話をして前髪を作りたい旨を話すと微妙な顔をされた。そして、やんわり止めてくれた。

 

それでも、強引に前髪を作ってもらった私。前髪を作りたいなーという気持ちは何度となくあったからだ。だって顔が面長、顔が大きい人は前髪を作ったほうが良いといろいろなサイトに書いてある。これをすれば少しは顔も小さく見えるのでは?と考えたのだ。

 

結果的に顔は小さく見えなかったし、やはり今までの前髪が自分にとってベストだと言うことが身に沁みたわかった。

 

前髪を作って失望した私はその後、いつもの美容師さんに「あとはおまかせでいいです…」とだけ伝え、死んだ目でスマホをいじっていた。美容師さんは「僕は全然似合ってると思いますよー?」なんて言ってたけどもう私の耳には入らない。

 

さらに言えば、美容室でセットしてもらったときは、きちんと落ち着いた前髪になっていたが、自分でセットすると浮く浮く!前髪が浮く。アホ毛たちに支えられ勇ましく立ち上がるのだ。

 

おまけに日々の髪を乾かす時間を短縮できるようにと美容師さんが全体的に髪をとても軽くし、もとのボブよりさらに短くされてしまったため、寝癖がものすごくつく。内巻きになってくれればよいところが外にはねてはねてはねまくり、日々ゆっくり髪のセットをする時間がない私の襟足はいつもはねてる。

 

さらにさらに、ハーフバースデーの写真もあんなにセットしたのに後ろがはねてるし前髪も浮いてた…。

 

私が前髪作ろうかなって言ったとき美容師さんは、止めてくれていたのにアホすぎる私。アホ毛だけにな!

 

産後の髪型は重めのセミロング、前髪は作らずワンレンが正解

産後、自分にかける時間はない!

それは月齢を重ねれば重ねるほど。思えば生まれたての頃はそんなに動けないし、泣き声も小さいし、ちょっと目を離していても大丈夫だった。ところがどっこい、たった8ヶ月で高速ハイハイで逃げ回りあらゆるコップをひっくり返し、つかまるところを見つけては立ち上り、そしてずっこけ泣く。

私が洗面所に行こうものなら泣く泣く。その泣き声は新生児の頃と比べ物にならないくらい力強く、今すぐ行かなくては!と思わせ母は焦るばかり。

 

だんだん、だんだん自分の時間はなくなっていく。もちろん、息子が成長するのはすごく嬉しいし私がいないと泣いてしまう息子はもうとてつもなく可愛い。私じゃないと泣いちゃうのは困る反面、すごく嬉しかったりもする。

 

だから、仕方なく自分の時間を削ってるのではなく、自然とそうなってしまうのだ。

 

でも、母だって女の子。おしゃれはしたいし、みすぼらしい格好で出歩きたくはない。だからこそ、手のかからない髪型って子育て中のママたちには重要な課題だと思う。

 私はこの8ヶ月間で2回髪を切って成功と失敗を経験した。その結果が産後の髪型の正解は以下の内容。

 

  • 髪は結べる長さ
  • 前髪は横に流せる、あるいはワンレンが良い
  • 髪の量は減らしすぎず多少重めに
  • 髪色で遊びたいなら、インナーカラーが良いかも
  • アホ毛は多少我慢

 

髪は結べないと、急いで出かけるときに不便!同様に髪の量を減らすと寝癖がついて不便!

 

前髪はアホ毛によって浮く!浮いて変な前髪になるよりは横に流せる、またはワンレンの前髪が良いと思う!ワンレンにすると生え際のアホ毛が気になるけど我慢…またはワックスで前髪、後ろ髪ぜーんぶまとめちゃう!スポーティー!!

 

あ、ヘアカラーについては今まで触れなかったけど、私は出産後はちょっと暗めにしてる。それまでは結構明るかったのだけど、こまめに美容室行けないからね。産前にインナーカラーやってたんだけど、これはプリンにならないからオススメ!

インナーにガッツリブリーチしてたらカラートリートメントで気軽に髪色変えられるから、なんか気分が上がらないなーって時に良い気分転換になる。

 

個人的にオススメなのが↓のアンナドンナのカラートリートメント。

 

 

やり方を見ると通常のトリートメントの変わりに…って書いてあるけど、お風呂に入る1時間前に髪に塗っておいて頭洗う前にゆすいだほうが色が入る。

なお、お店で買うよりAmazonのほうが安い。

もう少ししたら、またインナーカラーやりたい。

 

というわけで、私は今後二人目を生んでもこの失敗を二度と繰り返さないように生きていく所存。みなさまも、産後の髪型は短絡的に考えず中長期的な目線でご検討ください。